最終更新日:

倒産件数推移から見る兵庫県

全国的に倒産の件数・規模はともに減少・縮小傾向にあり、平成25年には直近10年での最少を記録した。兵庫県においてもその傾向は見られるが、全国に比して件数減少の傾向は弱い。

全国の倒産件数は、リーマンショックの起こった平成20年以降減少を続け、平成25年には直近10年で最少の10,855件となった。
負債総額についても同様に、2兆7,823億円で、直近10年で最少となっている。
兵庫県においても全国と同様、平成20年以降減少傾向にあり、平成25年は倒産件数536件、負債総額948億円と、直近10年で最少水準となっている。

全国

平成22年度GDP(実質/十億円): 537069.853

,平成13年,平成14年,平成15年,平成16年,平成17年,平成18年,平成19年,平成20年,平成21年,平成22年,平成23年,平成24年,平成25年
倒産件数(件),19164,19087,16255,13679,12998,13245,14091,15646,15480,13321,12734,12124,10855
対前年比,,▲0.40%,▲14.80%,▲15.80%,▲5.00%,1.90%,6.40%,11.00%,▲1.10%,▲13.90%,▲4.40%,▲4.80%,▲10.50%
負債総額(十億円),16519.60,13782.40,11581.80,7817.70,6703.50,5500.60,5727.90,12292.00,6930.10,7160.80,3592.90,3834.60,2782.30

兵庫

平成22年度GDP(実質/十億円): 20416.33

,平成13年,平成14年,平成15年,平成16年,平成17年,平成18年,平成19年,平成20年,平成21年,平成22年,平成23年,平成24年,平成25年
倒産件数(件),815,747,678,664,649,605,711,747,751,730,626,623,536
対前年比,,▲8.30%,▲9.20%,▲2.10%,▲2.30%,▲6.80%,17.50%,5.10%,0.50%,▲2.80%,▲14.20%,▲0.50%,▲14.00%
負債総額(十億円),269.6,446.2,292.4,289.7,231.8,249.8,170,229,186,145,93.7,164,94.8

東京

平成22年度GDP(実質/十億円): 98444.813

,平成13年,平成14年,平成15年,平成16年,平成17年,平成18年,平成19年,平成20年,平成21年,平成22年,平成23年,平成24年,平成25年
倒産件数(件),3454,3747,3185,2762,2349,2418,2523,2900,3005,2686,2506,2470,2253
対前年比,,8.50%,▲15.00%,▲13.30%,▲15.00%,2.90%,4.30%,14.90%,3.60%,▲10.60%,▲6.70%,▲1.40%,▲8.80%

大阪

平成22年度GDP(実質/十億円): 37376.542

,平成13年,平成14年,平成15年,平成16年,平成17年,平成18年,平成19年,平成20年,平成21年,平成22年,平成23年,平成24年,平成25年
倒産件数(件),2621,2506,2233,1905,2045,2080,2059,2148,2375,2073,2029,1711,1461
対前年比,,▲4.40%,▲10.90%,▲14.70%,7.30%,1.70%,▲1.00%,4.30%,10.60%,▲12.70%,▲2.10%,▲15.70%,▲14.60%

,全国,兵庫,東京,大阪
13年,356.8250925,399.190256,350.8564743,701.2419715
14年,355.391387,365.8835844,380.6193425,670.4740101
15年,302.6608161,332.0871087,323.5315201,597.4335454
16年,254.6968504,325.2298528,280.5632837,509.6779686
17年,242.0169356,317.8827928,238.6108448,547.1346172
18年,246.6159649,296.3314171,245.6198479,556.4987794
19年,262.3681058,348.2506405,256.2857222,550.8802821
20年,291.321509,365.8835844,294.5812899,574.6920087
21年,288.2306634,367.8428003,305.2471642,635.4252889
22年,248.0310508,357.5569164,272.8432223,554.6259469
23年,237.1013739,306.617301,254.5588664,542.8538574
24年,225.7434472,305.147889,250.9019952,457.7737555
25年,202.1152358,262.5349414,228.8591883,390.886883

GDP1兆円当たり件数比較

同一経済規模での比較のため、兵庫県の倒産件数を平成22年度のGDP(実質:固定基準年方式、平成17暦年基準 出典:県民経済計算)を基準に、全国(全県計)・東京都・大阪府と比較した。東京都は概ね全国と同数で推移しているのに対し、兵庫県は全国より多く推移していることが分かる。大阪府が全国の2倍近い数で推移していることから、大阪府での倒産が隣県である兵庫県にも影響して倒産件数を増やしていることが考えられる。


,全国,全国(件数),兵庫,兵庫(件数)
13年,862.0139846,1,330.7889571,1
14年,722.0847173,0.99598205,597.3828648,0.916564417
15年,712.5094432,0.848204968,431.2610619,0.83190184
16年,571.5092478,0.713786266,436.3509036,0.814723926
17年,515.7299585,0.678250887,357.1910632,0.796319018
18年,415.2950547,0.691139637,412.8958678,0.742331288
19年,406.4969129,0.735284909,239.0815752,0.872392638
20年,785.6291065,0.816426633,306.5917001,0.916564417
21年,447.679199,0.807764559,247.713715,0.921472393
22年,537.5552136,0.695105406,198.6287671,0.895705521
23年,282.1517198,0.664475057,149.7076677,0.76809816
24年,316.2787034,0.632644542,263.2905297,0.764417178
25年,256.319392,0.566426633,176.8787313,0.657668712

1件当り負債総額

1件当り負債総額は全国的に、リーマンショック以降減少傾向にあることから、大型倒産の件数が減少していると考えられる。また、兵庫県においては、平成24年に負債総額500億円、平成25年に負債総額260億円の大型倒産が発生しているため1件当り負債総額が上昇しているが、依然全国に比べて低い水準で推移している。しかし、倒産件数が全国より多い水準で推移していることから、小規模な倒産の件数が全国に比較して多く発生しており、結果として件数全体に占める割合が大きくなっていると考えられる。

出典:株式会社東京商工リサーチ 全国企業倒産状況